star 2015. 6
2015.6.30
インターネット老人会

しぃpaintBBS、しぃペインター、poo、各お絵かきアプレットには
SAIを導入するまでホントにホントにお世話になった。

お絵かき掲示板ログ | mintcrown [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=40559675
オシャレ魔女ラブandベリー | mintcrown [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=40454747
ここいらへんは全て上記アプレットで描画しました。
ラブベリ絵の色使い、今見返すとすごく生き生きしてる。
立川先生系とは全く違った世界に飛び込んで、周りからいっぱい影響を受けて描いてた頃だったわ。

で、アテクシが本日ご用意した一品。
とか言いつつアプレットの名前忘れちゃった(ぉ
ネットライターだっけ?2000年ごろ。15年前っすね(白目
消しゴムツールがなくて、修正はアンドゥのみだったやつ。
いっちょまえにアンチエイリアスがあった。
線がガタガタなのは慣れてないのと、タブレットの設定のせいだったかな。
この当時はintuos2。電源がACアダプタだったので、もんのすごく熱くなる。
目玉焼きが出来るよとか揶揄されてたのも懐かしい。

2015.6.29
ふたりが共にいる限り

じかんぎれ

一哉、おまえはホント嬉しそうだな…

最初はサイトトップにするつもりだったので横長(1600x745pix)だったのですが
何かの使い回しにできるようハガキサイズ(1748x1181pix)で描いてます。
まさしく「私たち結婚しましたハガキ」です。
これでいつを完成目標にしてるのかバレますがいいか。

以前のエントリでは、雪は襟のあるベストにリボンタイをしてました。
一哉は三つ揃で普通のネクタイ。そこまでガチじゃなかったんです。
花婿だけど嫁なんだから頭に花を飾ってやろうと
百合をてんこ盛りにしましたら、ベストにそぐわない…
そもそもベストだとフラワーボーイじゃん…
でも雪は女装キャラではないんでドレスは着ないだろう…可愛い洋服を着るのは好きだと思うけど。
スタンドカラーで肩が出ているけどノースリではない、ボレロっぽい服にしてみました。どうざんしょ。
雪が花嫁さんらしい格好なら、一哉もそれなりに着せてやらんとな!
というわけで、かなりガチな絵ヅラになってもうて
なんか今猛烈にハズカチイです…

肩口にはリボンをあしらって可愛らしく…フヒヒ…とかやってたんですけど
ブーケでほとんど隠れるこれ、、、、、←通常運転
ので、花で大半が隠れる前のを上げておきます、、、、、
背景はお借りしますた
sweet texture | 猫 ※規約撤廃 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=30137122

隠れてはしまいますけども、お洋服考えるのは楽しいよねー
トップスは肩口が開いたボレロタイプで、総レースとかでうっすら透けてて
ボトムはシャンタン生地で胸元が透けないようトップスと一体化して(男の子だからキャミソールはどうかなと)
Aラインワンピではなく、ストンとしたチュニックでー
とかいろいろ考えてるんですけど
これ、ボトムと上着が別パーツでないと
肩口から覗き放題だよね…ショタパイ…(大笑

2015.6.28
レインボールーム

喘息の薬を始めたら手が震えるようになってしまって
タブペンでCGとか、水彩画を描くのはまあ出来るのですが
丸ペン画(目も悪くなった)、手芸全般がダメになってしまいました…特にビーズ細工。
あんなに好きだった編み物も出来ないんで、これだけは…と思ってるのがレジン。
流して固めるだけ(気泡がどうにもならんのですがね…)

めっきり手芸用品店から足が遠のいたのですが
あきらめきれずに本屋で新刊は見ています。
最近すっごい流行してるのが、カラフルな輪ゴムを使った「レインボールーム」。
おこちゃま向けの本が多い中(当たり前だ)大人っぽい雰囲気のムックを見つけたんで購入しましてんけど

専用の編み機が必要ねんな…ちーん

「レインボールーム」というのは商品名で
www.rainbowloom.co.jp/
「輪ゴムで作るアクセサリー」みたいなタイトルで、類似の本がバンバン出回ってますが
フォークとか指編みで作ったりしてますね…
編み機も100円ショップにあったと我が子の目撃情報。

で。
レインボールーム公認の、件の本
「レインボールーム × SHIPS KIDS 親子で楽しむアクセサリー キット」(主婦の友生活シリーズ)
ですが…
左の黒いストラップな…どう見てもこれは…。
私の目が腐りきってんのかな…。

2015.6.27
花婿さん×2

そういやジューンブライドの絵を描いてない

と思って慌てて一哉と雪で描いてるのですが(ブライド…?)
6月中にはとても間に合いそうもないです、、、、
今度はユリを描こうと画策してて
ちょうど今はユリの花が咲く時期なのでロケハンというか資料集めで近所をプラプラしてます。

pixivアカウント内に花の絵が多いので、既にお気づきかもしれませんが
(現トップ絵もタチアオイをドカーンと描いてるくらい)
花を描くのが好きです。
高校時代も、会社に入ってからも
もう見るのもイヤになるほど、配色もうんざりするほど花ばかり描いてきましたが
それでもやはり、花を描くのは好きです。

そやけどユリの花言葉ってたくさんあるんだな…品種によってそれぞれ花言葉があるってどうなん。
ユリ全般はどこを引いても純潔、純粋、威厳、無垢。

ベールが上がってるから式後の記念撮影っぽ。
この構図ではブートニアが入らなさそうでショボーン
一哉、おまえ、ムッチャクチャうれしそうだな…(笑
雪は笑顔より「ぼくは一生をこの人に捧げます」という決意の表情をするだろうなと思ったんで
あんま笑わせてないんだけど、このままではちょっと怖いかもだな。。。

写真は八重咲きの見事な白百合。
雪にはちょっと派手なので使わないかもと思って、ここに上げます。

2015.6.27
江戸川乱歩没後50年のいろいろ

BLにハマる前から「年の差」「体格差」は好きだったけれども
なぜ自分が「おにショタ」という、BLでもかなりニッチなところに行ってしまったのか…

ルーツは江戸川乱歩の「明智探偵と助手の小林少年」なのかもしれないなー
と思った。
正義感と好奇心が強くて大人顔負けに秀才の小林少年が悪漢相手に冒険を繰り広げるが
悪漢の卑劣な罠に陥り絶対絶命のピンチに。
そこへ颯爽と現れて小林少年をかっさらう若くてイケメンの明智探偵…キュンキュンですわ。
今はセーラームーンやプリキュア等「戦う女の子」は当たり前だけど
私の子供の頃は「女はすぐ泣くから足手まとい」「女はすっこんでろ」な風潮だったしねー。
「女も戦える」のを示してくれたのは「ゴレンジャー」のモモレンジャーくらいか。あとしほみえっちゃん。
美しくて強い「キューティーハニー」が目覚めさせたのは性的方面(笑)
話が反れたけど、小林少年と自分を重ねてたのは否めない。ハズカチイ。

前ブログで天知茂さん主演「江戸川乱歩の美女シリーズ Blu-ray BOX」のことを書きましたが(6月24日発売してた)
没後50年で著作権が切れる関係か、なんかいろいろ企画されてるみたい。
こないだ書いた咎井淳さんのリブレ出版のやつとか。

最近アニメを見る気力が全然なくて
せっかく録画したアニメ「血界戦線」も見てなくて
むしろJKの我が子に大ヒットしたみたいで(それが正しい姿なんだろうなー)
内藤さんの原作買ってるし。
母は若い頃、鴨葱スウィッチブレイドさんの同人誌ほとんど買ってたんだぜ…。

乱歩モチーフなら見てみるかな…
キャラデザがちょっと可愛すぎるような気もするんだけども。
ノイタミナ2015年7月
「乱歩奇譚 Game of Laplace」
www.rampokitan.com/

ちなみに私はたぶんショタコンではない…
創造・想像上の産物だから良いのであって、現実を知ってるからなぁ(笑

2015.6.27
あなたらしい「I love you」

一哉は「I love you」を「神様よりも、君を信じる」と訳しました。
http://shindanmaker.com/291423

すげーな

2015.6.25
ナゾユリ

近所の山で撮影してきたんですけど
これ、何ユリなのか調べてもちょっとわかんない…
テッポウユリにしては花弁が細長すぎる。ような気がする。

ユリが咲く山の夜道といったら、ふくやまけいこさんが漫画化した賢治の「月夜のでんしんばしら」だなー

と思って検索したら、全然ヒットしないよー…
なんとまあwiki先生にも載ってないくらいマイナーっぽい…
「コミック・モエ no.5/月刊MOE1988年10月号別冊」まではつきとめたんだけども。
あ、そういやそうだった <ぉ

PSEで「自動コントラスト」「自動シャープ」等の「自動なんとか」を連打すると、なかなかいい感じに加工できることを覚えた(笑)

2015.6.25
ミントちゃん

かばんの中身ぜんぶ自分でかき出して入ってんねんでこれ。
12年前? くらいの一澤帆布のトート。
非常に分厚く丈夫なんやが油断してたらこれで爪とぎよる…やめてぇぇ

2015.6.24
三島が好き

こないだ乱歩にからめて「憂国」のことを書いたから
最近ちょっと話題になって驚いてる。
この際だから読むといいよ由紀夫。
高校の現国、谷崎潤一郎より三島をやりたかったなぁ(それは無理)。

「憂国」、三島で一番好きかも。
政治的な部分はどうでもええ(ぉ
美しい上にものすごくエロい。恍惚となる。
立ち読みできるくらいの掌編なので、ぜひ。
ただ、「いろんな意味で」臓物にキュンキュンくるので、立ち読みしてると耐えられないかもー。
やっぱり買っておうちでじっくりとどうぞ。
由紀夫の代表作のひとつだから、だいたいの図書館に置いてるはず。

最初に読んだ三島は「仮面の告白」で、「私って傷ついてたんだな」ってのを認識させてもらった。
傷口が腐ってドロドロに膿んでるのに、痛くてしょうがないのに平気なフリして見ぬフリしてた。
BLに抵抗がなくなったり、むしろ好んで見るようになったのは
pixivで出会った素敵な作家さんたちのおかげもあるけど
一哉と雪を通して恋愛や性愛を(若干の照れはあるものの)自由に描くようになったのは
三島が解放してくれたおかげもある。
じゃあNLで描けばいいじゃんと思われるかもだけども
一哉と雪は同性愛で、しかも年の差があるからこそ意味があるんだよ。
・・・たぶん。←気弱

今年、とうとう、三島が亡くなった年齢を越しちゃった。
でも、生きることは楽しいよ。
三島由紀夫愛してる

2015.6.22
一哉&雪 基本設定

一哉&雪のBL漫画、いつも閲覧してくださってありがとうございます。
評価・ブクマ・コメント、ありがたく拝読しております。
おかげさまで昨夏の「お星さまにおねがい」三部作が全て閲覧数2000回超えました。
作者の私もわからないのが「ろくてんご。」で、番外編のこれが本編より伸びるのがなんでやねんという感じですが。

で…一哉と雪の漫画も通算8本になったんで、さすがに出会いの話を書かねばなぁと思ってます。
そこでですね。齟齬がないようシリーズ全体を見返してるのですが
一番最初のシリーズ「お星さま…」、何もかもが拙くてですね。正直恥ずかしくて見れないんすよ、、、、、
閲覧数2000回超えたし初心に戻る意味でも頑張って見返してみたら…
絵柄が拙いのはもうしょうがない諦めるとして、なんて独りよがりなストーリーなんだ、、、基本設定すら説明してないという。

「出会い編」はこれまたいつになるかわかんないので、今まで上げた漫画を少し補足します。
「書きたいこと、伝えたいことは全部作品内で説明すべき。あとがき等で補完すべきではない」のが私のポリシーなんで
ホントお恥ずかしい限りなのですが。


一人暮らしの久方 一哉(24)は会社帰りのある夜、心身ともに深く傷ついた少年・雪(年齢不詳)を拾う。
雪はどうやら暴力・性的虐待に耐えきれず家出したようで、ホームレスをしながら細々と生きてきたらしい。→「My place in the Home of the Sun・雪編」
雪はそのまま居候するかわりに、久方家の家事を引き受ける。→「お星さまにお願い・第1話」「My place in the Home of the Sun・一哉編」

一哉はどこにでもいるような、常識的なごく普通の青年。
自分に対して普通に接してくれる一哉へ雪は気持ちを募らせていくが、年の差、何よりノンケでショタに手を出すとかとんでもないと思ってる一哉が全くその気でない、
いろいろある。

pixivに上げた漫画は全て、一哉が雪の想いを受け入れた後。
「キスの格言」はさらにその後の話。指輪してたり、一哉の髪が短いのは、一哉と雪が養子縁組(=結婚)したため。

「お星さま…」第3話に、金髪の少年が遺影を二つ持ってボンヤリ立っているコマがありますが、あれ、一哉なんすよ、、、
ヤンチャさんしてた一哉は、20歳ごろ両親をいっぺんに亡くしてしまったという過去があります。
「お星さま…」2話・3話のなんとなく諦念したようなモノローグは一哉のもの。
どんなに大事に思ってたって、どうせ人間は死んじまうんだ、と思ってるのに
棄てられた雪を見過ごせず、拾って同居させてしまう。
一哉は雪の気持ちにとっくに気づいてるけど、応える気はない。
応える気が無いのに一緒にいたって雪が苦しむだけ、なのもわかってるし
苦しめるくらいなら雪を解放すべきだけど
行く場所も帰る場所もない雪は、一哉から放り出されたらまたホームレスになるだけだし…とか
自分を一心に慕ってくれる雪が可愛くて手放せない。
ごくフツーの一哉も、そんな狡さ、矛盾や葛藤を抱えている。

そんなとこか…。
養子縁組(結婚)までしちゃうんだからネタバレもなんもないんだけど
私はそこへ至る経緯というか、片恋でも両想いでも相思相愛になってセックスするような仲になっても
とにかくモダモダを描きたいんだ…

名前の由来はここらへん
http://st.tail.ac/mint/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2015&m=5&d=23

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |
2015/6
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
前月   翌月

- DiaryNote -